MENU

今からでも遅くないバストアップの基本

バストアップに励む女性

思春期の頃から小さくてコンプレックスだった自身のバスト。今となってはああしておけばよかった、こうしておけばよかったと思う事ばかりです。出産を経験して26歳になった今、小さい上に垂れてきた現在の自分のバストに「自信を持つためには何をするべきか?」と思い立って口コミやネットで情報収集をしました。

 

そこでいくつか実際にやってみて効果があったのは基本中の基本。胸筋を鍛えることでした。胸の前で両手をあわせ、お互いの手を押し合いながら30秒間キープ。これを気が付いた時にいつでもやるようにしていました。最初はこんなに簡単でいいのか?と半信半疑でしたが1か月間実践したところ心なしかバストが上向きになり、産後のしぼんでたれ気味だったバストにハリが戻ったのを実感しています。嬉しいことに腕に力を入れるので自然と二の腕も細くなりました。

 

もうひとつは正しい姿勢を意識すること、猫背にならないよう気を付けることです。デスクワークで日々パソコンと向かい合う女性は多いかと思いますが自分もその中の一人で、気づいたら座っている時も立っている時も猫背という筋金入りの猫背でした。肩が内側に入ることによりバストも下がってしまう悪循環から抜け出すため、椅子の高さを見直したり背筋を鍛えたり自分の姿を客観視するようにして猫背を改善しました。

 

いずれも特別なことではありませんが基本を身に着けるだけでバストアップが期待できる為、エステやサプリメントを併用することによってより効果が出やすくなると思います。

 

良い姿勢を維持することによるバストアップ

バストアップを目指す場合には、良い姿勢を維持することを心掛けることが大事になるのではないかと考えられています。猫背気味な状態が続いたり、体に無理を強いる姿勢が継続したりすると、胸が垂れ下がりやすくなると認識されています。

 

そのため、できるだけ良い姿勢を維持しながら生活するよう心掛けることで、バストアップの進みやすい体に近付くのではないかと思います。このような取り組みは、年代を問わず効果を発揮してくれると考えられていることから、実践する価値が大いにあるものとして捉えられています。

 

バストアップと姿勢は、切っても切れない関係であると多くの方面で考えられています。そのため、良い姿勢を維持して、胸筋が活動的な状態を維持することによって、効果的にバストアップを図ることが最も望ましい方法のひとつであると唱えられています。

 

このような意識を持つ人は、今後多くのところで増加していくのではないかと予測されています。そのため、これまで以上にバストアップを効率的に実現させることに成功する人が多く見受けられていくと見込まれており、関心が寄せられています。合理的なバストアップの方法のひとつとしても、良い姿勢の維持が受け入れられるでしょう。

 

30代OLが育乳に励むサイト|乳活.com